• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

7

京セラコミュニケ―ションシステム、双日とアイ・サイナップと物流IoTサービスの提供において協業を開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

双日株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤本 昌義、以下、双日)、アイ・サイナップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江藤 潔 、以下、アイ・サイナップ)、京セラコミュニケ―ションシステム株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:黒瀬 善仁、以下、KCCS)は、新無線通信技術「LPWA(注1)」 の1つであるIoTネットワーク「Sigfox(注2)」を活用した物流IoTサービスの提供において、協業を開始したことを発表した。

今回利用するSigfoxは、低コスト、低消費電力、長距離伝送を特長とした、グローバルな通信規格である。2009年よりフランスで導入が始まり現在32カ国に展開、2018年までに60カ国に拡大する予定となっている。Sigfoxを活用したIoTソリューションは、物流、社会インフラ、ヘルスケア・見守り、防犯・防災、農業などの分野で欧州での普及が先行しているが、日本でも普及しつつあり、今後、様々な分野での活用が見込まれている。

物流業界においては昨今、「安全性と効率性の両立」と「環境にやさしい」物流サービスの構築・運用に加え、「グローバルサプライチェーンマネジメントの高度化」と「リアルタイムでシームレスな情報連携」への対応が求められている。

双日、アイ・サイナップ、KCCSの3社は、このような物流業界が抱える課題解決と物流の生産性向上に向けて、Sigfox関連のセンサ・デバイス、アプリケーションサービスを開発・提供していく。

■各社の役割
双日:Sigfoxを活用した物流IoTサービスの提供
アイ・サイナップ:Sigfoxに対応したセンサ・デバイス開発
KCCS:Sigfox無線基地局の設置およびネットワークサービスの提供

(注1)LPWAとは「Low Power Wide Area」 の略で、低消費電力、km単位の長距離で通信できる無線通信技術の総称。機器のバッテリー消費を抑えながら、データを収集する基地局まで電波を届けることができ、特にIoT(Internet of Things、モノのインターネット)向けなどに有用な技術であると注目を集めている。2017年7月31日時点では、免許不要周波数帯の電波を利用するIEEE802.11ah(Wi-Fi HaLow)、LoRa、Wi-SUN、Sigfoxなどいくつかの規格があり、世界各地で実用化され始めている。

(注2)SigfoxとはフランスのSigfox社が提供しているIoT用のネットワーク規格。日本では京セラコミュニケーションシステム株式会社が事業者となり、国内でのサービスを提供している。ヨーロッパを中心に現在32カ国に展開され、2018年までには60カ国でのサービス展開を目指している。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article