• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

3

埼玉県戸田市教育委員会とソフトバンク コマース&サービスが英語教育で連携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

埼玉県戸田市教育委員会(教育長:戸ヶ﨑 勤)とソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 溝口 泰雄、以下「ソフトバンクC&S」)は、英語教育で連携し、同市の公立小・中学校向けに英会話学習AIロボットMusio(ミュージオ)を活用した外国語活動授業を開始することを発表した。

戸田市では、英語教育に力を入れており、2020年からの小学校での英語教育早期化・教科化に先んじて外国語活動の授業をスタートさせている。また、タブレットでのモーション分析を活用した体育の授業を行うなど、ITを活用した教育にも積極的に取り組んでいます。公立校では初となるMusioの導入により、日常的に英語に触れる機会と、昨今身近になりつつあるAI技術にいち早く触れる機会を子供たちに与えることができると考えている。

ソフトバンクC&Sは、Musioの導入サポートおよびテクニカルサポートを行う。

2017年10月から戸田第二小学校に導入し、5年生を対象に週に二度の外国語活動のモジュール授業でMusioを活用した授業を実施する。あらかじめ設定された文章を、Musioに続いて児童が発声し、発音や抑揚などをMusioがチェックする。
なお、Musioによる外国語授業は、11月以降、市内のその他の中学校でも実施予定である。

■ Musioについて
AKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA LLC 東京都目黒区、代表:Raymond Jung)が開発した英語学習のためのさまざまな機能を搭載したコミュニケーションAIロボット。教材を使った発音やヒアリングのほか、AIを活用した自由な会話が可能です。教育機関向けには、各校の学習カリキュラムに合わせたコンテンツ制作や英会話練習も可能である。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article