• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

10

プロドローン社、LG Uplus社と協業して韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一)は、韓国の通信企業LG Uplus(本社:大韓民国ソウル特別市、CEO:クォン・ヨンス)と協業し、韓国初のクラウド型UTM(Unmanned System Traffic、空域管理者向け無人航空機運行管理システム)に対応したFOS(Flight Operation System、ドローンサービスプロバイダー向け運行管理システム)提供の事業化を発表した。 LG Uplusは、韓国を代表する通信事業者の1つであり、5G時代をリードする自律飛行型無人機事業に本格的に進出する。

チェ・ジュシク副社長は11月21日、ソウルで記者発表を行い、ネットワークを介して目視外飛行や夜間でも安定した災害監視および測定、物流輸送などのドローン飛行可能な「Uplusスマートドローンクラウド型ドローン管制システム」を、LG UplusとPRODRONE、テラドローン三社協業により韓国で初商用化した。ドローンを製造するPRODRONEが、クラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンの機体の開発をした。そしてUTMを開発するテラドローンも参加している。

また記者発表では、遠隔地にあるPRODRONE提供のLTE搭載ドローンを離陸させ、目的地での任務を遂行して帰還まで可能な自律飛行のデモンストレーションを披露し、事業計画を発表した。

■事業内容に関して
・目視外区域でも、クラウド型ドローン管制システムを通し、PRODRONE製LTE搭載ドローン位置の検出、PRODRONEサーバーに通知、操縦可能に
・PC /タブレット /スマートフォンなど様々なデバイス機器で、クラウド型ドローン管制システムに接続可能に
・世界初、PRODRONE製LTE搭載ドローンが撮影中のFHD高画質映像をIPTVを通して、リアルタイムで視聴が可能に

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article