• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

5

アプトポッドが自動運転など自動車産業の研究開発向けクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」をリリース

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

IoT/M2M関連ソフトウェアを開発・販売する株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元淳一)が、自動車産業における研究開発向けクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」をリリースした。

Visual M2M Automotive Pro」は、自動車開発、自動車関連技術開発におけるデータ収集、可視化、分析、機械学習などのデータサイエンスワークフローを包括的に支援するクラウドサービスパッケージ。自動車の制御信号であるCAN(Controller Area Network)を標準サポートするほか、動画や音声などのメディアデータをはじめ、自動運転やADASAdvanced driver-assistance systems)の技術開発に欠かせないLIDAR Light Detection And Ranging)、ミリ波レーダー、高精度GPSなど様々なセンサーデータを扱うことができる。

パッケージはクラウドサービスサーバー「Visual M2M Cloud Server」を中心に、車両データを自動収集・送信する車載ターミナル「Terminal System」およびデータの可視化を実現するブラウザアプリケーション「Data Visualizer」で構成される。Terminal Systemで収集されるデータは自動的にVisual M2M Cloud Serverのデータベースに収容され、即座にData Visualizerで可視化・分析することができる。

Visual M2M Automotive Proの構成

Data Visualizerはバイナリデータやテキストデータなどの様々なデータ形式に対応しており、グラフタメーター、ヒストグラム、散布図、2D/3Dモデルなどのビジュアルパーツでデータを多角的に可視化。ダッシュボードはドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で作成できるほか、CANデータベースファイル(DBC)をローカルPC上でインポートすることによる物理値変換ができるため、データの秘匿性も確保される。

ダッシュボードイメージ

 

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy