• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

7

不動産管理に特化したIoTデバイスとSaaSを提供する不動産テック企業のライナフが総額3.2億円の資金調達を実施

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社ライナフ(本社: 東京都千代田区、代表取締役: 滝沢潔)は、事業拡大を目的として、新たに伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社をリード投資家に迎え、株式会社長谷工アネシス並びに住友商事株式会社、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、既存投資家である三井住友海上キャピタル株式会社を引受先とし、シリーズBラウンドで総額3.2億円の第三者割当増資を実施した事を発表した。

これまで「広さ」や「機能」といったハード面が重視されていた不動産から、「サービス」などのソフト面を重視した不動産へのシフトが起こっています。同社ではスマートロックを始めとしたIoTデバイスと、それらと連動をした不動産サービス「スマート内覧」「スマート物確」「スマート会議室」等の提供により、全ての不動産に新しい価値を提供することを目指してきた。

今後さらにサービスを広め、不動産業界へ広く貢献をしていくためには、大手の不動産プレイヤーとの資本・業務提携が不可欠であると考え、既存株主の三菱地所株式会社に続いて、新たに株式会社長谷工アネシス並びに住友商事株式会社から出資を受けることとなった。

ーーーーーーーーーーーー
以下、ライナフ社より引用

今後、長谷工グループのサービス関連事業持株会社である株式会社長谷工アネシスとは、マンション建設や不動産事業並びに住宅関連サービスへのICT活用について検討していく予定です。
住友商事株式会社とは、同社が保有する不動産や販売しているマンションにおいてのサービス導入を検討していただく他、商社としての機能を生かした海外展開の支援を期待しています。
また、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループのVCである株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズとは、そのネットワークを活用した九州地域での顧客や提携先の紹介等のサポートが期待されます。

今回の資金調達におけるリードVCである伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社からは、当社の企業価値向上に向けた経営体制の強化、伊藤忠グループが有するネットワークを活用した事業機会の創出を支援いただく予定です。
既存投資家である三井住友海上キャピタル株式会社からは、今後も当社の企業価値向上に向けた経営体制の強化に関する支援を受けるとともに、三井住友海上グループが有するネットワークを活用した顧客や提携先の紹介等の事業機会の創出に向けた協業を展開していきます

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy