• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

10

タクシーアプリ全国タクシー運営のJapanTaxiが10.5億円を資金調達へ。累計調達額91.5億円に

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

JapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋一朗)は、スパークス・グループ株式会社(代表取締役社長:阿部 修平)を運営者とし、2015年より運用を開始した「未来創生ファンド」を引受先とする第三者割当増資による10.5億円の資金調達を実施することを発表した。

JapanTaxiは2017年6月に「未来創生ファンド」から5億円の資金調達を実施。その後、同年10月に「タクシー会社(社名は非公表)2社」から総額1億円、2018年2月には「トヨタ自動車株式会社」から約75億円、今回の未来創生ファンドからの10.5億円を合わせると累計91.5億円の資金調達を実施することになる。

これまでの資金調達により、「移動」の課題を解決するとともに「移動」に伴い発生するデータの利活用により、日本のモビリティ革命を実現し、社会インフラの進歩に貢献していく。
利用者の乗車体験を高めることは勿論、タクシー事業者に対しても業務効率の高いオペレーションシステム等の開発・提供を強化することで、タクシー事業者が抵抗感なくデジタライゼーションを促進できる環境を整備する。

また、急速に変化する外的環境に対応すべく、「全国タクシー」アプリの操作性の向上や配車時間の短縮、革新的な新機能等を追加し、2020年までに配車可能タクシー台数を9万台(全国のタクシー台数の約40%のシェア)に、累計アプリダウンロード数を1,600万件を目指してく。

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy