• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI アジア

19

AWSホールディングス、音声AIクラウドプラットフォームを活用した開発を開始

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

主にフィリピンでのオフショア拠点を活用したITソリューション開発事業とレセプト点検専用ソフトウェアの開発および医療データ分析を行うメディカル事業を展開する、株式会社AWSホールディングス(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青木正之)は、グローバル事業において、「音声AIクラウドプラットフォーム」を活用した開発を開始したことを発表した。

音声AIクラウドプラットフォーム」とは、機械学習とディープラーニングのカスタムプラットフォームに、NLP(神経言語プログラミング)技術を連携させ、Googleが運営する「Google Speech-to-Textサービス」とAmazon.comの「自然言語応答サービス Alexa Voice Service」を組み合わせることにより実現するクラウドプラットフォームとなる。

本ソリューションの提供により、ユーザーは双方向対話型の音声インターフェイスを使用することが出来ると同時に、2020年に訪日外国人4,000万人を目標とするインバウンド需要の取り組みや、より高度なサービスの導入による潜在顧客の開拓が期待できる。

同社は、フィリピン子会社において、第11回「国際ICTアワード」にてフィリピン全土でNO.1(「ベストカンパニー」)に選出され、更には同子会社に所属するエンジニア2名が、「アジア共通統一試験(ITPEC試験)」において2016年「アジアトップガン人材」に選出されており、今回の契約締結は、クラウド型IoT向けアプリ開発などの、同社グループが長年に渡り培ってきた高い技術力のみならず、データサイエンティクスに関わる先進技術を実装した開発チームにおける知見が評価されたものとなる。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article