• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

アジア

4

味の素、トルコの食品会社キュクレ食品社を 100%子会社化

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

味の素株式会社(本社:東京都中央区、社長:西井孝明)は、8月17日(現地時間)、トルコの食品会社キュクレ食品社※1の株式50%を約181百万トルコ・リラ(約57億円)※2で取得し、100%子会社としたことを発表した。

トルコの人口は2016年時点で約80百万人、経済成長率は2014年5.2%、2015年6.1%と堅調に推移、2016年はテロや観光業の不振等の影響はあったものの2.9%(出典:外務省HP)となり、今後も成長が見込まれる。同社はトルコにおいて、2011年に100%子会社のイスタンブール味の素食品販売社を設立し、外食向け調味料の販売を開始した。2013年にプレミアムブランド食品会社キュクレ食品社の株式50%を取得し、既存事業強化と新しい食品領域での事業拡大を推進してきた。2017年には同国の大手食品会社オルゲン食品社※1の全株式を取得し、トルコでの事業ポートフォリオ強化および中東地域への事業展開を進めてきた。

キュクレ食品社については2013年の資本参加以降、食酢や果実ソースの安定成長や伸長する小店舗型小売チェーンへの取り組みを強化した結果、2016年の売上高は約70百万トルコ・リラ(約22億円)となり、2014年比で約2倍に拡大している。今回のキュクレ食品社の100%子会社化により、オルゲン食品社が保有する「Bizim Mutfak(ビジム ムトゥファク)」ブランドのブイヨン・粉末スープ等の事業に、キュクレ食品社が保有する「KEMAL KÜKRER(ケマル キュクレル)」ブランドの液体調味料事業が加わり、味の素グループはトルコにおける総合食品メーカーとしての活動が可能となる。今後は、イスタンブール味の素食品販売社・キュクレ食品社・オルゲン食品社3社での連携を強化し、トルコでの更なる事業拡大を図る。

同社は、2017-2019中期経営計画において、食品事業における地域ポートフォリオ強化を通じた確かな成長を重点戦略に掲げており、トルコ・中東は新地域(Rising Stars)と位置付け、事業拡大・強化を進めている。今後も、各国・地域の食生活・食文化に適合したカテゴリ展開を通じて、現地の生活者のより健やかな食生活に貢献する。

※1 今後、キュクレ社を「キュクレ食品社」、オルゲン社を「オルゲン食品社」と表記する。
※2 1トルコ・リラ=31.31円(株式取得時レート)

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article