• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

7

博報堂アイ・スタジオと博報堂メディカルが、医療用医薬品のマーケティング支援を行う専門ファクトリーを共同で立ち上げ

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
株式会社博報堂アイ・スタジオ(東京都千代田区、代表取締役社長:平林誠一)と株式会社博報堂メディカル(東京都港区、代表取締役社長:西松幸彦)は、両社共同で、医療用医薬品を扱う製薬会社向けに、デジタルを用いた医療用医薬品マーケティング支援を行う両社横断的な専門ファクトリー「MEDISON」を立ち上げたことを発表した。

博報堂DYグループの中でデジタル領域の業務において最大規模を誇り、高いクリエイティビティを発揮する博報堂アイ・スタジオと、医療知識だけでなく、デジタルに精通したスタッフを擁することで期待成果の高いデジタルソリューションを提供してきた博報堂メディカルが手を組み、医療用医薬品のデジタルマーケティング支援を加速させるべく、両社でデジタル系の専門ファクトリーである「MEDISON」を立ち上げた。

博報堂アイ・スタジオの【デジタルの背景を持ちながら医療に精通するスタッフ】と、「MEDISON」は、博報堂メディカルの【医療の背景を持ちながらデジタルに精通するスタッフ】の計12名のハイブリッド人材で構成されている。従来のようにそれぞれの得意分野の切り分けと分業制ではなく、すべてのスタッフが、メディカルとデジタルの両面から同じ課題を見据えつつ、最適な医療用医薬品のデジタルマーケティング支援策を立案し、制作まで一気通貫で対応できる集団である。
また、未だ医療業界では活用しきれていない博報堂DYグループ全体のデジタルナレッジを最大限に駆使し、博報堂メディカルのビジョンである「create advanced relationships for medical」を軸に、医療のステークホルダーである、医師、患者、製薬会社のインサイトを的確にとらえ、それぞれの関係性を良好にし、医薬品をより的確に患者に普及させることで、最適な治療に導く医療用医薬品のデジタルマーケティングを提案していく。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article