• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

4

散歩アプリLinkx arukuとマイME-BYOカルテが連携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、社長:髙橋 薫)は、神奈川県のマイME-BYOカルテと連携し、散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用した、神奈川県民の健康増進に資する取り組みを開始することを発表した。

・神奈川県は、健康寿命の延伸と新たな市場・産業の創出を目指す「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」の一環として、県民の健康増進・未病改善を目的に、利用者自身の健康情報が一覧できるアプリケーション「マイME-BYO(みびょう)カルテ」を提供している。

・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、健康応援企業への変革を目指し、県民の健康増進と地域活性化に貢献するため、楽しく歩行を促進する散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用し、神奈川県民へ健康サービスを提供するとともに、マイME-BYOカルテの普及促進を図る。

・本取組みは「ウォーキングアプリを活用したマイME-BYOカルテ普及促進業務」として採択され、業務委託契約の締結に至ったものである。

2.具体的な取組み(※今夏以降順次展開予定)
(1)マイME-BYOカルテへのデータ連携
Linkx aruku(リンククロス アルク)の利用により取得される歩数データの連携を行い、マイME-BYOカルテにデータを蓄積する。

(2)Linkx aruku(リンククロス アルク)を用いたウォーキングイベントの実施
同社が提供する散歩アプリLinkx aruku(リンククロス アルク)は「歩くことを楽しむ」ためのアプリとして、全国を網羅したウォーキングコースの掲載、散歩中の発見や想いをシェアする「あるメモ(あるくメモリー)」機能を搭載しており、健康活動における行動変容を実現することを目指してサービスを提供している。本取組みにおいて、今後県や市町村と連携して地域に根ざしたウォーキングコースをLinkx aruku(リンククロス アルク)内に作成し、利用促進に向けたプロモーションを実施することで、県民へ健康サービスを提供する。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article