• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

DMM.com、OKI、北陸人材ネット、障がい者の活躍の場を広げるリモートワーク推進で協業

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長:片桐孝憲、以下 DMM.com)と株式会社北陸人材ネット(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:山本均、以下 北陸人材ネット)およびOKIグループの特例子会社(注1)である株式会社沖ワークウェル(社長:津田貴、本社:東京都港区、以下 OKIワークウェル)の3社は、障がい者の活躍の場を広げるためのリモートワーク推進で協業を開始することを発表した。

障がい者のリモートワーク拡充には、それぞれの障がいや体調、仕事面でのスキル、マインドなどを把握し、スムーズに業務を推進していく「コーディネーター」の採用育成が課題となっています。今回、3社協業取組みの第一弾として、障がい者のリモートワーク拡充のカギとなるコーディネーター職の採用育成をテーマとした学生向けのインターンシップを、8月29日より一週間実施する。

OKIワークウェルは、2004年に設立された障がい者雇用を専門に行うOKIグループの特例子会社である。OKIワークウェルはいち早く在宅勤務制度を取り入れ、現在全国21都道府県で、高度なITスキルを持つ重度障がい者49名が在宅で仕事をしている。一方DMM.comは、グループの開発会社であるDMM.comラボ社において2014年より身体障がい、精神障がいの方を40名(うち在宅勤務者30名)、主に北陸に居住している方を中心に雇用している。北陸人材ネットは金沢市に本社を構える人材コンサルティング会社で、人材育成や採用コンサルを実施している。

今回の協業によりOKIワークウェル、DMM.comラボのそれぞれの知見をシェアするとともにより多くの障がい者のリモートワークの場を広げるスキームを構築することを目指す。さらに将来的にはこのノウハウを使って他社へのコンサルを実施し更なる障がい者の活躍の場を広げることを目指していく。

注1:特例子会社
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める、障がい者の雇用に特別の配慮をした子会社のこと。

※沖電気工業株式会社は通称をOKIとする。
※株式会社沖ワークウェルは、通称をOKIワークウェルとする。
※本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article