• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

10

バンタン、美容分野でパナソニックと共同検証実験を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

プロ人材の育成を目的としたスクール事業を展開するバンタンデザイン研究所 大阪校(本部所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:石川広己) は、パナソニック株式会社(本社所在地:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏、以下 パナソニック)が業界で初めて開発したプロ仕様のメイクをタブレット上で自由に描ける「メイクアップデザインツール」の検証実験を共同で実施したことを発表した。

「メイクアップデザインツール」は化粧品カウンターやメイクアップアーティストなどプロの現場利用だけではなく、美容関連スクールの教材としても活用されることが想定され、開発が行われているという背景から、100%プロ講師を採用した実践教育に力を入れるバンタンデザイン研究所にて検証実験を開始した。

2017年10月7日クリエイティブセンター大阪にて開催される国内最大級のデビューイベント「VANTAN CUTTING EDGE 2017 OSAKA ROUND」(バンタン カッティングエッジ 2017 大阪ラウンド)では当プロジェクトのブースにてパナソニックの「SNOW BEAUTY MIRROR(スノービューティーミラー)」を展示。パナソニックが開発した「メイクアップデザインツール」を活用して学生が考案したショーメイクや今年の秋冬トレンドメイクを、実際にメイクをすることなく、「SNOW BEAUTY MIRROR」を覗くだけで手軽にメイクを楽しむことができる。

■メイクアップデザインツールとは
パナソニックが開発した「メイクアップデザインツール」は、タブレット上に表示された顔写真の上にタッチペンを用いて実際にメイクする感覚でメイクをデザインできるデジタルコンテンツである。プロのメイクアップアーティスト監修の下、同社がデジタルカメラ等で培った画像認識・画像処理技術を活用し、アナログ技術である“メイクアップ”をデジタル化したことで、画面上で簡単にメイクを行うことができる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy
recruitment-article