• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

9

ソフトバンクグループのエデュアス、ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を行う プロジェクトの協力校を募集

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ソフトバンクグループのエデュアスは、東京大学先端科学技術研究センター、ソフトバンクとともに、ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を行う「魔法のプロジェクト2016 ~魔法の種~」の協力校を2016年1月21日より募集開始する。
本プロジェクトでは、特別支援学校、特別支援学級、通常学級に所属する児童・生徒と教員などに、携帯情報端末を1年間無償で貸し出し、教育現場や日常生活の場などで活用いただく実践研究を実施する。

また、本プロジェクトでは、ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を効果的に実践できる教員の早期育成を目的に、教職課程を履修中の学生やその指導者を対象としたセミナーも実施する予定。「魔法の種」というプロジェクト名称には、これまでの「魔法のプロジェクト」で培ってきた知見やノウハウを教員志望の若手人材と共有することで、「先生の種」を育てていきたいという思いを込めているとのこと。さらに、個々のニーズに合わせてより質の高い支援を実践できる「魔法のティーチャー」の認定も継続していく。

「魔法のプロジェクト2016 ~魔法の種~」は、2009年から東京大学先端研とソフトバンクグループが実施してきた一連の魔法のプロジェクトの成果を生かし、新たなニーズに対する実践研究を行うとともに、引き続きこの活動を普及させていくことを目的にしている。

東京大学先端研、ソフトバンクおよびエデュアスは、今後も携帯電話やタブレットをはじめとした携帯情報端末の活用により、障がい児の社会参加の機会促進を目指していく計画である。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article