• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

9

ショーケース・ティービー、オープンランウェイズのVR事業を譲り受け

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社showcase TV(本社:東京都港区 代表取締役社長:森雅弘)は、株式会社オープンランウェイズのVR(バーチャル・リアリティ)事業を譲り受け、同社の主要な顧客層である大手不動産関連企業や施設運営企業向けにVR新築見学システム「SHOWRISE(ショーライズ)」ならびに物件内覧システム「3Dオープンハウス」の提供を開始した。
また、同社Webソリューション事業のサービスとの連携を図り、さらなる付加価値の高いVRサービスの開発・提供を強化していく。

これまでVRによる見学システムは、建物や内装を撮影することにより既に完成した物件のデータを作成したり、全てバーチャルの物件データを作成したりすることで、ショールーム等で見学を可能とするサービスである。

VR新築見学システム「SHOWRISE」は、まだ現地に建っていない建築予定の新築物件と実際の風景を組み合わせ、非常にリアリティーの高い物件データを現地や営業所などどこででも見学できるサービスであり、新築の物件は建築前に販売開始するため、購入検討者はその土地に実際に建つ建物の状態を想像するよりほかなかった。
「SHOWRISE」は、未完成の物件でも建物の外装や内装を現地で実際に建物があるかのように確認することができ、建物のベランダやバルコニーからどういった景色が見えるのかを確認することも可能となる。
購入検討者は、こうした具体的な建物の情報を現地等で確認して購入するか否かを判断できるようになる。

これまで住宅建築会社や不動産仲介会社などのウェブサイトで物件の詳細を閲覧できるようにするためには、360度パノラマ画像を利用することが一般的だったが、部屋に360度パノラマ画像を並べるだけでは画像を撮影した地点と地点の関係を把握することが難しく、実際に物件内を歩いて見学して間取りや空間を把握する体験性とは大きな隔たりがなかった。
「3D オープンハウス」では、撮影地点間を実際に歩いて回っているように映像処理することにより、本当に現地に赴いて物件内を歩いて見学しているような今までにない体験をすることが可能となる。

これにより不動産購入や賃貸契約を検討しているユーザーは、現地まで物件見学に行かなくても不動産事業者の営業所や自宅などで各物件が自分の希望に合っているかどうか確認でき、希望に近い物件に絞って現地への見学を行うことができるため物件探しの効率を大幅に改善することが可能となる。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article