• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

5

富士ゼロックスとビートレンドが協業し 新オプションの提供開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

スマートCRMプラットフォーム『betrend』を提供するビートレンド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 英昭、以下 ビートレンド)は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗原 博、以下 富士ゼロックス)の類似画像検索技術を活用したAPI提供を受け、『betrend スマートフォンアプリ』の新オプション『betrend アクセスカメラ』をリリースしたことを発表した。本オプションサービスは、8月30日より販売を開始する。

■『betrend アクセスカメラ』の特長
1.“類似画像検索技術”により、マークの設置コストをカット。
『betrend アクセスカメラ』では、予め管理画面で設定したマーク画像と、ユーザが自社スマートフォンアプリで撮影した画像を富士ゼロックスの“類似画像検索技術”で判定し、コンテンツにアクセスさせるため、従来のQRコードによるコンテンツアクセスと違って新たにマークを設置する必要がなく、簡単にサービスを開始することができる。マーク画像としては、チラシ・はがきDM・通販カタログ・商品・看板など、様々な物の画像を登録することができる。

2.自社スマートフォンアプリで、印刷物をきっかけとしたクロスメディアを実現。
一般的に普及しているQRコードと比べて、画像判別によるコンテンツアクセスの場合、専用の読取りアプリを必要とするケースが多く存在するが、『betrend アクセスカメラ』は、自社スマートフォンアプリ内のメニューとして追加することができるため、既に定期的なお知らせやアプリ会員証・クーポン配布・ポイント付与などを目的にアプリをインストールしているユーザがそのまま使用することができる。

飲食店のメニュー表や、はがきDMやカタログなど、印刷物をきっかけとしたクロスメディアを簡単に実現することができ、マーク読取りを目的とした来店や、印刷物からWEBサイトへの効率的なアクセス補助など、自社スマートフォンアプリユーザの利用率や利便性の向上が期待できる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article