• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

3

ヤマハ、音を用いて複数の映像を同期する技術を採用した初の製品の販売を開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、取締役:中田 卓也)が開発した、音を用いて複数の映像を同期する技術「ChimeCa」(キメカ)を採用した初の製品『ChimeCa™ Sports』(キメカスポーツ)が、株式会社スポーツセンシング(本社:福岡市南区、代表者:澤田泰輔、以下:スポーツセンシング)から9月19日より発売されることを発表した。

スポーツトレーニングの現場では、様々なアングルから動作を検証して改善を図ることが効果的である。一方で、複数のアングルから映像を撮影し、その場ですぐにその内容を確認するには、複数の機材を連携させる必要があるなど、手間がかかる。

今回、こうした課題を解決するシステム『ChimeCa Sports』がスポーツセンシングから発売される。スポーツトレーニングに役立つマルチアングル動画を、簡単な操作で撮影して、その場ですぐに確認することができるシステムである。貴重な練習時間を無駄にせず、一目瞭然のフィードバックをその場で得ることができるシステムで、その映像同期技術に同社の「ChimeCa」が採用された。

今回の技術提供は、同社の音・音楽を原点に培った技術がスポーツの分野において活用される新しい事例となる。同社は引き続き、当社の技術を積極的に提供・活用し、様々な分野における新しい価値の創造に取り組んでいきたいと考えている。

<『ChimeCa™ Sports』について>
コンパクトな専用サーバーと、複数台のスマートフォンからなるマルチアングル動画撮影システム。スマートフォンのカメラを活用し、さらにサーバー連携をワイヤレスで行うことで、怪我の原因にもなりうる配線を極力なくした安心の省スペース設計を実現している。撮影は、パソコンやタブレットからワンステップ操作で行うことができ、同社の「ChimeCa」の技術によって一覧性に優れたマルチアングル動画がすぐに完成する。また、撮影した動画は、専用サーバーに自動的に蓄積され、さらに動画を持ち帰って復習することも可能で、一目瞭然のフィードバックをどこでもすぐに確認できる練習効率の向上に最適なサービスである。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article