• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

2

積木製作、千葉大学でVRによる建築学習の効果を検証開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

バーチャルリアリティ(VR)コンテンツ制作の株式会社積木製作(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:城戸太郎)は千葉大学大学院建築学コースの吉岡陽介准教授からの要請を受け、自社で開発したフォトリアルな建築VRコンテンツを提供した。吉岡准教授は今後、学生に実際にある建築物をVRで体験する事による効果の検証を開始することを発表した。

これまで千葉大学建築学コースでは、演習課題としてミースファンデルローエが設計した「ファンズワース邸」の図面を模写する課題を行なってきた。課題に取り組むにあたって、従来は、写真資料と図面のみで建築の内外の状況を解説し、建築空間に対する理解を促してきた。しかしこれでは、実際の建築空間の大きさやスケールを身体感覚として確認する事が難しく、イメージの共有が困難であるという問題があった。
建築物が海外にあり、実際に学生全員を連れて見学することが難しいためではあるが、VRを活用すれば、その問題点を克服し、建築空間に対するより深い理解を促す事ができるのではないかと考えた。そこで、積木製作が既に制作していた美麗なグラフィックで再現された「ファンズワース邸」のVRコンテンツを使用する事になった。

■コンテンツ内容
積木製作のリアルタイムVRであってもフォトリアルな映像表現を追求するという姿勢から開発された建築VR製品「VROX ARCHI TOURS」の主力コンテンツ「ファンズワース邸」を使用。
実際にある建築物をリアルに再現し、内外を自由に歩きまわる事ができ、寸法測定の機能も搭載している。

■今後の展望
吉岡准教授は今後、特に、海外や僻地にある実際に行くことが難しい建築物や、既に失われてしまった歴史的建造物を中心に、その建築空間をVRで再現し、学生に体験させる予定である。著名な建築物の空間を、VRを通して体験する事が、建築を学びはじめたばかりの学生にとって、どの様な教育的効果を及ぼすかを検証し、建築教育の現場でのVRの利用方法を検討する。
現場の意見は逐次積木製作にフィードバックし、コンテンツのアップデートを図っていく。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article