• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

リミックスポイント、ビットポイントジャパンの株式一部譲渡に関する基本合意締結

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy

株式会社リミックスポイント(所在地:東京都港区、代表取締役社長:小田玄紀)は、連結子会社である株式会社ビットポイントジャパンの株式の一部を、香港証券取引所のグロース・エンタープライズ・マーケット(Growth Enterprise Market)に上場するMadison Holdings Group Limited(以下、「MH社」)に譲渡することについて、平成30年3月30日にMH社と合意した事を発表した。
なお、今回の基本合意により譲渡されるビットポイントジャパンの株式は20%であり、ビットポイントジャパンは、引き続き、同社の連結子会社となる。

ビットポイントジャパンは「安心・安全な仮想通貨取引」をモットーとして日本だけでなく韓国・香港・台湾など海外において仮想通貨取引所を展開している。
今後、よりグローバルな市場での事業展開を加速させることを検討している中で、インベストメントバンクを中心とする伝統的な金融事業を営みながら、アジア・ヨーロッパでフィンテック関連企業と提携関係を持つ金融持ち株企業であるMH社に資本提携の上、ビットポイントジャパンのグローバル展開を推進することについて合意をし、MH社が展開するエリアを中心にして現地金融機関との協業による仮想通貨取引所の海外展開および仮想通貨やブロックチェーン技術に関する啓蒙・普及活動を実施していくことを検討している。

MH社は、その主要株主に香港の金融家の他に、中国四大銀行の中国工商銀行、中国大手生命保険会社、香港著名企業経営者が名を連ねている。今後、両社はMH社のビジネスネットワークを活用して伝統的な金融事業にブロックチェーン技術、仮想通貨を活用していく。

具体的には、下記の協業を想定している。
・海外事業を行う上でのKYC
・AML(※)プログラムの共同実施・海外における仮想通貨交換所の展開促進並びに顧客層の開拓
・誘導・拡大・独自ブロックチェーンの開発
・海外でのICOにおけるプラットフォーム運営支援
・独自のICO審査およびウォレットサービスの展開
また、MH社のパートナー企業がマカオにおいて両替所の経営を含めた金融事業を展開している中で、仮想通貨を活用した金融事業・ブロックチェーン技術の導入を中心としての取組を考えている。
※KYC: Know Your Customer顧客確認AML:Anti-Money Launderingマネーロンダリング対策

このような取組を本格的に実施していくにあたり、業務のみならず、資本提携についても協議が重ねられ、同社取締役会で協議をしたところ、今後の事業シナジーも想定されることから株式一部譲渡を検討することについて、MH社との間で基本合意書を締結した。
今後、ビットポイントジャパンとMH社との間で協業に関する具体的な内容の確定およびデュー・ディリジェンスを経て平成30年5月中を目途に株式一部譲渡実行の検討を進めていく。