• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、仮想通貨の交換および取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾吉孝)は、本日2018年6月4日(月)より、正式に仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を開始した事を発表した。

同社は、2017年9月に仮想通貨交換業の登録を完了しており、開業に向けて準備を進めていた。今回のサービス提供の開始にあたっては、まずは2017年10月に先行予約で口座開設の申込みをしている2万名超のユーザーを対象としてサービスを開始し、取引に必要なパスワード等を郵送で順次届けられる。なお、一般の口座開設のお申込み受付は2018年7月中の開始を予定している。

取扱い仮想通貨としては、まずは先行してXRPを取り扱い、順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大することを予定している。
なお、セキュリティにつきましては、セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山 泰男)のグループ会社でBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)とウォレットの運営に関して提携している。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy