• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

モバイルファクトリー、ブロックチェーン関連事業に本格参入 新会社ビットファクトリー設立

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社モバイルファクトリー(所在地:東京都品川区、代表取締役:宮嶌 裕二)は、ブロックチェーン関連事業の本格化にあたり、株式会社ビットファクトリーを新たに設立することを発表した。

ブロックチェーンの特徴は、従来の中央集権型システムのような信頼性を必要としない、非中央集権型(分散型)ネットワークであることである。それによりアプリケーションが特定の事業者に依存しないネットワークを構築することが可能となる。

同社は、ブロックチェーン技術の市場規模が高まるにつれ、従来の中央集権型のサービスは分散型へと移行し、今後、分散型アプリケーション(DApps:Decentralized Applications)がより一層普及していくものと考えており、DAppsは、ゲーム事業に留まらず、SNSやシェアリングエコノミーなど、多くのサービスがDAppsに置き換えられていく力を秘めていると感じているが、日本発のDAppsはまだまだ少ないのが現状である。

ビットファクトリーでは、そのような次世代のインターネットとも言うべき可能性を秘めたDAppsを普及するため、DAppsを身近に、そして、容易に開発できる環境を提供すべく「Uniqys (ユニキス)Project」を発足した。

また、ビットファクトリー設立と同時に、「Uniqys Project」第一弾となる新サービス、
ウォレット機能付きモバイルDAppsブラウザ「Quragé(クラゲ)」Android版をリリースする。