• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

36

MINDOL(ミンドル)、開発予算約160億円AbuDhabiのファンドとの共同事業の企画開発に着手

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

MINDOL HOLDINGS LIMITED(代表取締役:福原史洋)は、AbuDhabiのファンドとの共同事業第1弾として、開発予算1.5億USD(約160億円)を計上し、MINDOLキャラクターを使った対戦型オンラインゲームの企画開発に着手した事を発表した。2019年夏に全世界で販売予定となる。
プロジェクト概要はこちら
テレグラムはこちら

同社は「サブカルチャーとブロックチェーンとの融合」をコンセプトに、1.5億USDの開発予算を計上して多数のオンラインゲームを開発していく。
その第1弾として、MINDOLが主催する絵師コンテストで募集したキャラクターを活用し、世界的人気アニメNARUTOを題材にした「NARUTO TO BORUTO:SHINOBI STRIKER」をはじめ数々の人気オンラインゲームの開発実績をもつソレイユ株式会社(SOLEIL)とタッグを組み全世界配信可能な対戦型格闘オンラインゲームの開発を進めている。

対戦相手に勝利すれば敗者からMINDOLポイント(MINDOLポイントは専用ウォレットを通じて仮想通貨MINDOLと等価交換可能)を獲得できルため、同ブロックチェーンゲームの普及により世界中のユーザーが仮想通貨MINDOLに関わることとなる。

なお、今月大手取引所coinsuperに上場したMINDOL(MIN)は、ICO割れが殆どの昨今のマーケットで、上場時の価格の2~3倍を推移していることで話題を呼んでおり、2019年に向けた経営ビジョンとして現在2000銘柄以上の仮想通貨が上場しているなかで20位以内(2018年9月25日時点で54位)の時価総額を目標に掲げている。

現在、coinsuper上場記念として、1,500MINプレゼントキャンペーンも29日まで実施中。
詳しくはこちら

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy