• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

新生銀行と米ConsenSysがブロックチェーン技術活用に関する基本合意

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之)と、ConsenSys(本社:米国ニューヨーク州、代表者:ジョセフ・ルービン)は、ブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結したことを発表した。

コンセンシスは、イーサリアムプロジェクトの創業メンバーの一人であるジョセフ・ルービン氏が2014年に設立したブロックチェーン技術を使った開発環境を提供する企業で、分散型アプリケーション(DApps)の開発環境や大企業向けのソリューション、ブロックチェーン技術を活用したエコシステムの開発ツールや教育プログラムを提供するブロックチェーンの開発コンサルタント会社でもある。

新生銀行グループとコンセンシスは、新生銀行グループの業務・サービスにおいて、コンセンシスが持つ分散型アプリケーションや、お互いのインフラやプロトコルを活用していく。その第一弾として、新生銀行が50%の議決権を有する香港の資産運用サービス専門銀行 Nippon Wealth Limited, a RestrictedLicence Bank において、銀行プラットフォームにおけるブロックチェーン技術を活用した業務・サービスの立ち上げに向けた検討を開始する予定である。

新生銀行グループとコンセンシスは、ブロックチェーン技術を基盤とした多様かつ高度な金融サービスの構築を目指し、今回の基本合意に至った。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy