• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

スイスの財務大臣が、既存の法律に則ったブロックチェーン規制を否定

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

2018年12月4日にベルンで行われたブロックチェーン会議において、スイスの財務大臣であるUeli Maurerは既存の法律に則ったブロックチェーン規制を否定した。

Maurer 氏によると、スイス政府はブロックチェーンおよび仮想通貨の法的枠組みの代わりに、新しい技術とその経済的応用を認めるために、既存の法律を微調整させることを計画している。政府は来年に6つの法律を調整することを提案した。

しかし氏はこれまでの活動の中で、フィンテックの分野でスイスが直面している課題に気づき、以下のように述べた。

ロンドンはすでに我々よりはるかに先を行っている。またシンガポールや上海のような中心も激しい競争相手だ。

一方で氏は言及していないものの、隣国のリヒテンシュタインはすでに立法の面でスイスの先を行っている。

8月、地方政府は、信頼できる技術(VT)に基づく取引システムに関する法律である「ブロックチェーン法(Blockchain Act)」の草案を発表した。これは現在、専門委員会によって検討されている。法律は2019年に採択される予定だ。

アメリカも法整備を進めており、今後世界的にどよのうな規制が行われるのかが注目される。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。