• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

190社を超える企業が日本の仮想通貨市場に参入を望んでいると発表

  • 4
  • feedy

日本のトップレベルの金融規制当局は、現在、日本の暗号通貨市場に参入したい企業が多数あることを認識している。一方で、国内の多くの仮想通貨取引所は転換期にきている。

190社を超える企業が日本の仮想通貨市場に参入を望んでいる

金融庁(FSA)は、これまでに、190社を超える企業が仮想通貨事業者として登録したいと考えていることを確認している。

この数は、8月に発表された参入希望数よりも30社多い。当時、金融庁は160の業者が日本の暗号通貨市場に参入するつもりであると述べていた。
金融庁は詳細を明らかにしていないが、一部の企業は仮想通貨に関連する事業を始めることを発表した。これらの企業には、LINE、Yahoo! Japan、Money Forwardなどが含まれているという。

日本の仮想通貨情勢の変化

現在日本には16の登録された仮想通貨取引所がある。改正された資金決済法の下では、仮想通貨事業者はFSAに登録しなければならない。

9月に、Zaif取引所がハッキングされ、後に別の規制された証券取引所Fisco Cryptocurrency Exchange Incに引き継がれた。Bittradeは最近Huobiに買収され、Huobiは日本で再開されつつある。
マディソングループは別の登録された証券取引所、Bitoceanの株式を取得する計画を発表した。さらに、Ceres Inc.は木曜日、来年春に共同サービスを開始するために、Xthetaとの間で資金を調達することを発表した。

参照元:coincomments

記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。