• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

シェアリングエネルギー、豪州Power Ledger社と事業提携し、ブロックチェーンを活用した卒FIT電力のP2P取引の検証を開始

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社シェアリングエネルギー(本社:東京都港区、代表取締役:古賀恵美子)は、Power Ledger Pty Ptd(本社:豪州西オーストラリア州、会長兼共同創業者:Dr. Jemma Green)と提携し、2019年11月以降に住宅用太陽光発電システムが10年間の固定価格買取制度の終わりを迎え始めることに対応して、再生可能エネルギーの個人間取引の実現に向けて、共同で実証プロジェクトに取り組むことを発表した。

Power Ledger社は、豪州や米国をはじめ、世界で10個以上のプロジェクトを展開する、P2P電力売買取引プラットフォームのリーディングカンパニーである。

Power Ledger社が提供するブロックチェーン技術を活用したP2P電力取引ソフトウェアは、既存のスマートメーターのリアルタイムデータを使用して、売り手と買い手の電力取引を可能にし、ブロックチェーンを活用することで、いつ・誰が・誰に・どれだけの量の電気を販売しているかを把握する。

本プロジェクトでは、シェアリングエネルギーが展開する太陽光発電システムの第三者所有モデル「シェアでんき」などのエネルギーリソースを活用し、P2P電力売買の実現可能性を検証する。
また、今後の再エネ由来の環境価値取引の普及を見据え、Power Ledgerのプラットフォーム上で環境価値の識別及び取引に関する実証実験にも取り組んでいく。

2020年度までに、シェアでんき・卒FIT電力を含む50,000件の電源をブロックチェーンに繋げ、P2P電力取引を実現する予定である。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。