• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

Binance CEO:Amazonは「遅かれ早かれ」仮想通貨を発行する必要がある

  • 2
  • feedy

最近のTwitter投稿で、BinanceのCEOであるChangpeng “CZ” Zhaoは、なぜインターネットベースのビジネスが仮想通貨を受け入れていないのか疑問視している。ツイートの中で、CZは仮想通貨が伝統的な支払い方法よりも速く、安く、そして統合しやすいと述べている。

マイクロソフトを含む、現在約11の主要なオンライン企業がBitcoinでの支払いを受け入れている。

同様に、Overstock – 電子機器から健康および美容用品まで取り扱う企業 – は、Bitcoin、Ethereum、Litecoin、Dash、およびMoneroを含むいくつかの仮想通貨を受け入れている。

他の企業が仮想通貨支払いに追随していない理由を考察するCZにとっては、現状は十分でなかったようだ。

しかし、1人のTwitterユーザーが解決策を提案した。それがAmazonである!

大手ソーシャルメディア会社がWhatsAppを介してデジタル通貨を導入しようとしているため、Facebookが独自の暗号を作成しようとする試みが現在進行中である。Twitterベースの暗号通貨がもうすぐ登場する兆候はないが、プラットフォームCEOのjack Dorseyは最近、Bitcoinがまもなくインターネットのネイティブ仮想通貨になるだろうという意見に賛同を述べている。

参照元:Chepicap
記事執筆:塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。