• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

ブロックチェーン関連事業のディブロック、ICON財団とスポンサーシップ契約を締結

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ブロックチェーン関連事業を展開しているディブロック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:金 玟求)は、グローバルにブロックチェーンプラットフォームを展開するICON財団(本社:Zug, Switzerland、Member of Council:JH Kim)とスポンサーシップ契約を締結し、ICONが支援するアクセラレータープログラムICX Station – Tokyo Launchpadの募集を開始したことを発表した。

ディブロックは、様々な分野でブロックチェーン技術の活用を目指す、日本企業への技術の導入に関する戦略策定支援及び投資・育成に特化している。

ICX Stationは、これまでサンフランシスコ、ソウル、シンガポールでアクセラレータープログラムを展開し、数多くの企業を支援してきた。

当プログラムでは、グローバルに事業展開を行おうとする日本企業に対し、ICONのノウハウやグローバルネットワークに加え、業界を牽引する国内外のパートナー企業等と連携し支援を行っていき、支援領域は、フィンテックやシェアリングエコノミー、ゲーム・エンターテイメントやデジタルメディアなど幅広い分野を予定している。

ディブロックは、当プログラムを中心に、今後様々な活動を通じて日本のブロックチェーン技術の活用を推進していく。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。