• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

スイス初となるブロックチェーン上における不動産取引が完了

  • feedy

スイスにおいて初となるブロックチェーン上における不動産の取引が完了した。
ブロックチェーンに基づく18のアパートメントと、レストランを含む契約であり、Elea Labs Ltd社、Swiss Crypto Tokens Ltd社とBlockimmoの三社によって行われた。この取引で扱われる不動産の価値は3億円以上とされている。

スイス初となるブロックチェーン上における不動産取引が完了

トークンの形態に関しては、イーサリアムのブロックチェーン上で不動産の所有権を表象されている。価格変動のリスクを避けるために、スイスの法定通貨であるフランと連動したステーブルコインであるクリプト・フラン(XCHF)が取引のサポートに活用された。

ステーブルコイン、XCHFとは

Swiss Crypto Tokens AGは2018年11月1日にEthereumブロックチェーン上において法定通貨スイス・フランに基づいた最初のステーブルコインであるクリプト・フラン(XCHF)を発行している。クリプト・フランは、スイスのブロックチェーンエコシステムの流動性として機能するように設計された。

資産のトークン化のさらなる前進

Blockimmoは自社の取り組みについて資産のトークン化をさらに前進させるものとして認識しており、今年中にはトークンが規制された取引所にリストされると期待されている。

Blockimmoとともに、米国を拠点とするブロックチェーン対応の不動産プラットフォームRealBlocksは、ベンチャー企業の初期において資金調達を無事に完了した。 伝えられるところによれば、プライベートエクイティファンドの株式をトークン化する分散プラットフォームが同社によって開発されている。

記者まとめ

アメリカで他にも不動産をトークン化してステーブルコインを活用して値段の安定を図る取り組みが行われており、世界的に不動産のトークン化が行われている。
いままで不動産は契約がアナログであったり、情報が分散してしまっていたため、その効率化が待たれていた。セキュリティトークンのスマートコントラクトを活用した賃料の支払いなど今後も不動産のトークン化は進むだろうと思われる。

参照元:Switzerland Records First Real Estate Deal on Blockchain
記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。