• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

オンライン上で仮想組織を形成し仕事を行えるアプリ”GUILD”を次世代ブロックチェーン・プラットフォーム”IOST”と共同で開発すると発表

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社PHI(代表:岡崇)とINTERNET OF SERVICES FOUNDATION LTD.(代表:Jimmy Zhong)は、7月3日に現在の仕組みでは解決することが難しいオンライン上の組織運営において、ブロックチェーンの特性を活かすことで実現可能と判断し、あらゆる組織をオンラインで可動させるサービス”GUILD”を共同で開発することに合意したことを発表した。

【情報化時代に最適化された組織形成をサポート】

昨今、IT技術が爆発的に成長する中、組織形態の進化は時代とともに置き去りにされてきた。

あらゆる物のデジタル化が進む社会で、いまだに企業や組織の業務フローの多くはアナログで進められている。

今回発表するサービスの”GUILD“ではプロジェクトに関わる全ての運用を”GUILD”上でできる設計にしており、オンライン上のみで設計・開発から運用までを行う仮想組織を形成することが可能だ。

従来のオフィスに出社し仕事をするのではなく、全ての業務をリモートワークで行うことも当然可能であり、現在の組織が抱えている生産性や、モチベーションの低下を抑止し“働き方改革の促進”までを視野に入れていると言う。