• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

Ginco、東大ブロックチェーン推進プログラムに技術協力。サービス創出を助けるノードAPIを提供

  • feedy

ブロックチェーンサービスのインフラを提供する株式会社Ginco(本社:東京都港区、代表取締役:森川夢佑斗)は、10月から始動する東京大学大学院 工学系研究科 ブロックチェーンイノベーション寄付講座(東京都文京区、講座代表:茂木源人教授)が実施する「CO.NECTブロックチェーン学生起業家支援プログラム」の参加学生に対する、ブロックチェーンノードサービスの提供等、技術協力を開始。

協力の概要

◆東京大学大学院 工学研究科 ブロックチェーンイノベーション寄付講座とは

東京大学大学院工学研究科は、ブロックチェーン技術を用いた社会実装の事例研究に取り組み、それに対して個別事例での応用を見据えたブロックチェーン技術やトークンエコノミー・クリプトエコノミクスの研究を推進する寄付講座を開設している。

この寄付講座では、半年ごとに各4ヶ月半の期間で、ブロックチェーンに関するビジネスモデルを学生自身が自由に提案し、それを実現するためのサンプル開発を短期集中で行う学生支援プログラム「CO.NECT」が実施されてきた。

◆なぜGincoが本プログラムへ技術協力するのか

ブロックチェーンサービスの開発現場において、インフラ・ミドルウェア領域の基礎開発は、ブロックチェーン活用プロジェクトの長期化・コスト肥大の主要因です。これまでもGincoはブロックチェーンサービスのインフラにあたるノードや、エクスプローラー、ウォレット等のAPI提供を通じてこの課題を解決してきた。

今回の技術協力では、安定したブロックチェーンサービスのインフラを本プログラムの参加学生に提供し、実際のビジネス展開を見越した本格的なサービス開発の一助になるべく、技術協力を実施。

◆具体的な協力内容

協力企業として学生支援プログラム「CO.NECT」に参画し、希望するプログラム参加学生へのブロックチェーンノードを自由に利用できるようにする(プログラム参加学生へのGinco Nodesの提供期間は各期の約4ヶ月半のプログラム期間中を予定)。

サービスサイトはこちら:https://service.ginco.co.jp/nodes

また、他の協力企業と同様、各種の技術指導、メンタリング等で学生のブロックチェーンサービス開発をサポートすると言う。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。