• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

電縁、ビジネス面・技術面どちらにも対応したブロックチェーン教育サービスを提供開始

  • feedy

株式会社電縁の提供する「ブロックチェーン教育サービス」では、ブロックチェーンの概要や事例紹介から実践的なハンズオンまで幅広くコンテンツを用意しているため、ビジネス面・技術面両面から社内のブロックチェーンリテラシーを高められると言う。

ブロックチェーンに関する活用コンサルティング、受託開発、実証実験支援などを行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下「同社」)は、ブロックチェーンそのものの理解や、ブロックチェーンエンジニア育成など、ブロックチェーンリテラシーを向上したい様々な企業様のニーズにお応えする「ブロックチェーン教育サービス」をサービスラインナップに加え、提供を開始すると発表した。

サービス提供開始の背景

同社は、2016年3月にブロックチェーン利用システムの受託開発の開始を発表して以来、損害保険業、生命保険業、トークンエコノミーなどでの実証実験、大企業グループ内でのブロックチェーン活用構想支援コンサルティング、各種セミナー、勉強会等での講師としての登壇、ブロックチェーン安否確認サービス「getherd」の自社開発などを通じて、ブロックチェーンを活用しての事業、サービスの展開、システムの構築、運用に関するノウハウを蓄積して来た。

近年、社会的にブロックチェーンに注目が集まるようになり、リサーチや実証実験などを行う企業が増えてくる一方、取り組み方に悩まれている企業も増加している。

「どこから手をつければいいのか」或いは「どの業務に適用していくのが良いのか」といった内容の勉強会の開催から、社内でブロックチェーンエンジニアを育成するためのコンテンツ提供、ワークショップ・ハンズオンの開催まで、研修・教育を行う幅広いサービス「ブロックチェーン教育サービス」の提供を開始した。

サービスの概要

「ブロックチェーン教育サービス」では、ブロックチェーンの概要や事例紹介から実践的なハンズオンまで幅広くコンテンツを用意。
ニーズに合わせてコンテンツのカスタマイズも可能で、多くの企業様の要望にフィットすることが可能である。
その為、ビジネス面・技術面両面から社内のブロックチェーンリテラシーを高められると言う。