• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

仮想通貨取引所バイナンス、法定通貨対応取引所の開設でシンガポール政府系企業から投資受ける

  • feedy
仮想通貨取引所 バイナンス(binance) サムネイル画像

シンガポール国有企業傘下のヴァーテックス・ベンチャーズ(Vertex Ventures)が、仮想通貨取引所バイナンスに投資した。バイナンスが法定通貨対応の取引所をシンガポールで運営するのをサポートする。投資額は明らかになっていない。

コインテレグラフによると、ヴァーテックス・ベンチャーズはシンガポール政府の投資会社テマセク・ホールディングス(運用資産2230億ドル=約25兆円)の子会社。2015年に設立し、米国、中国、イスラエル、インド、東南アジア各国のポートフォリオを管理している。初期ステージの投資に特化し、現在運用しているのは25億ドルほどという。

バイナンスがシンガポールで法定通貨と仮想通貨ペアの取引所を運営するのを支援するため、ヴァーテックス・ベンチャーズ中国、ヴァーテックス・ベンチャーズ東南アジア、インドと共同投資した。バイナンスは9月に同取引所を開設する計画を明らかにしている。

東南アジアへの法定通貨サポート取引所拡大について、バイナンスCFOのWei Zhou氏は、バイナンスのシンガポールでの運営は、本人確認(KYC)と反マネーロンダリング法のコンプライアンス次第と述べた。

今月初旬、バイナンスは法定通貨と仮想通貨ペアを扱う初めての取引所をウガンダに設置した。同CFOは、アフリカ地域の持続可能な経済の安定に同取引所が役立つだろうと述べ、より多くのイノベーションをアフリカにもたらすと強調した。

バイナンスは今月、プラットフォーム上の疑わしいトランザクションを検出するため仮想通貨コンプライアンスプロバイダー兼調査会社のチェーンアナリシス社と提携している。チェーンアナリシス社は、KYC手続きを簡素化し、即時モニタリングシステムでトランザクションを監視することで、マネロン対策プログラムを提供するという。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。