• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

BitSE創業者でQTUM開発者のDejun Qianが率いるFUSIONが2/1(木)よりトークンセールを開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy

FUSIONは、あらゆる暗号通貨を統合し、中央集権組織と非中央集権組織を繋ぎ、認証機能と匿名性を保ちながら、オンチェーン及びオフチェーンのデータを統合する包括的なソリューション。クラウドセールでは、FUSIONプラットフォーム上のあらゆるトランザクションのGasとして利用されるFSNトークンを販売する。

FUSIONプロジェクト概要

包括的な暗号金融のプラットフォーム構築によって、インターオペラビリティとスケーラビリティの問題を解決して既存の金融システムを置き換え、「Internet of Values」の時代を築く先駆けとなることを目指している。

分散型ネットワークノードを利用して、多種多様なトークンのプライベートキー操作を可能にする。これにより、全ての種類のブロックチェーン上にマネジメントレイヤー及びコントロールレイヤーを構築し様々な価値移転を実現し、同時にクロスブロックチェーンのスマートコントラクトの生成が可能となる。インターオペラビリティとスケーラビリティを実現することで、FUSIONは中央集権的組織及びオフチェーンのデータソースと結合可能なインターフェイスも提供する。

FUSIONは、あらゆる暗号通貨を統合し、中央集権組織と非中央集権組織を繋ぎ、認証機能と匿名性を保ちながら、オンチェーン及びオフチェーンのデータを統合する包括的なソリューション。取引における参加者と価値移転の在り方を再定義することで価値移転の仕組みを再構築する。それにより、全ての金融サービスを革新的な手法でより効率的に実現することが出来る。FUSIONは、新たな手法での価値移転とトランザクションフローによって、既存の金融商品が将来的に不要になるような未来の創造を目指している。

■FUSION Foundation Ltd.とは
FUSION Foundation Ltd. (本社:シンガポール、Visionary & Principle Dejun Qian)は、暗号通貨を用いて金融システムを変革するインフラとなるプラットフォーム開発を行う企業です。代表のDejun Qianは、QTUM(暗号通貨時価総額17位*)の開発に携わり、CEOを務めるBitSEではブランドの真贋証明を行うブロックチェーン技術VeChain(暗号通貨時価総額15位*)を開発した実績を持っています。シンガポール、中国、イスラエル等のブロックチェーン、金融、暗号通貨のプロフェッショナルにより構成されるチームがプロジェクトを推進しています。
*プレスリリース発表時点での数値

◇ホームページ: https://fusion.org/
◇Telegram:https://t.me/FUSIONJapan (日本語) https://t.me/FUSIONFoundation (英語)
◇ホワイトペーパー: http://bit.ly/FUSIONWP
◇動画:https://www.youtube.com/watch?v=rCInf3QtuW8
◇Twitter:https://twitter.com/FUSION_JPN

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。