• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

リップルの決済ソリューションXRapidに仮想通貨取引所米ビットレックスなど3社が参加

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

リップルは16日、クロスボーダー決済システムのxRapidに、仮想通貨取引所3社が参加したと発表した。

コインテレグラフによると、リップルは今回、米ビットレックス、メキシコのBitso、フィリピンのCoins.Phと提携した。新たな提携により、 XRPと、米ドル、メキシコペソ、フィリピンペソそれぞれとの瞬時変換が可能となった。リップル社は以下のようにxRapidの運用を説明した。

「ビットレックスに口座を持っている金融機関は、 xRapid経由で米ドルを決済できる。この米ドルはビットレックスで即座にXRPに変換され、 このXRP残高は、XRPレッジャー越しに決済される。それから、Bitsoはメキシコペソの流動性プールを通して、このXRPを法定通貨に変える。それから、着金先の銀行アカウントに送られる」

XRapidは、リップルのブロックチェーンを使った即時グロス決済システムの流動性ソリューションだ。これは金融機関間の法定通貨の国際送金を促進するものだ。リップルのマーケティング戦略チーフであるコリー・ジョンソン氏は以下のように述べた。

「xRapidのパイロット事業ですでにいくつかの成功例を見ている。そして、我々は今年後半に、xRapidをベータ版から製品化する。取引所との提携により、金融機関は、異なる通貨のシームレスな資金移動が可能となるだろう」

5月、xRapidプラットフォームに参加した金融機関は米国とメキシコ間の決済をテストした。取引費用は40〜70%削減できたという。また、参加者によると、送金時間は3日から2分に短縮された。

パイロット事業でxRapidは良いパフォーマンスを示したが、リップルのチーフ・クリプトグラファーであるデビット・シュワルツ氏は、銀行はスケーラビリティやプライバシー問題を懸念し、国際決済処理にブロックチェーンをソリューションとして選択しないかもしれないと述べている。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。