• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

6

QUOINEがグローバルICOプラットフォーム立ち上げ、Vuulrが第一号案件に

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

仮想通貨取引所QuoinexやQryptos等を運営するQUOINE(コイン)は4日、QRYPTOS上で日本以外を対象にICOプラットフォームをローンチした。同社の「ICO Mission Control」は、トークン発行者とトークン投資家双方にとって安全な一体型のICOプラットフォームとなることを目的としており、本人確認やアンチ・マネーロンダリングに関する知見を用いて、ICOを安全かつ透明性高く実行可能にするものになっているという。

コインテレグラフによると、同プラットフォーム上で第一号のICOとなるのが映像版権取引に特化したVuulr(ヴューラー)となる。5月9日~30日にVUUトークンのクラウドセールが行われ、その後Qryptosに上場する運びとなる。同プロジェクトCEOのイアン・マキー氏は「(QUOINEの)プラットフォームには本人確認が済んだ50万人の登録ユーザーがおり、仮想通貨愛好家がすぐにVUUトークンを買えるようになる」としており、トークン発行体にもメリットが大きい。(参考記事「元ディズニー幹部も参画! 映像版権取引コイン Vuulrとは?」)

ICO Mission Controlにおいては、QRYPTOSに登録し、本人確認も完了したユーザーのみがICOへ参加可能となっており、QRYPTOSでの登録が完了していれば追加での本人確認は不要だ。新規トークン購入者はQRYPTOSで登録が可能となり、トークン発行体は専用のICOランディング・ページをQRYPTOS内で表示し潜在的なトークン購入者への勧誘を行う。

QUOINE CEOの栢森加里矢氏は以下のように述べている。

「ICO Mission Controlは2017年11月に行った我々のQASH ICOの経験をもとに開発された。大規模なICOを行うにあたり、顧客登録やデータ分析、トークン投資家への最適なマーケティング方法等、様々な困難があった。そうした我々の経験から、世界中のブロックチェーン・プロジェクトのトークン発行者のためのICOプラットフォームを提供したいと考えた」

ICO Mission Controlは他にもトークン発行者が直面する為替変動リスクも軽減するとしている。トークン発行者はマーケティング費用を最適化するための成果連動型分析を含め、トークンセールに関するデータをリアルタイムで確認できるようになる。ICOで集めた資金の決済もリアルタイムで行われ、現在のICOにおける不透明性とリスクを極小化することが可能だとしている。

QuoineはQuoinexとQryptosの両方のプラットフォームを運営している。Qryptosはシンガポール法人によって非日本居住者を対象に運営されており、Qryptosは日本の居住者は登録できない。

これまで新規発行トークンの共通の課題の一つに流動性の問題があったが、ICO終了後にすぐに信頼された取引所に上場させることで、既存ユーザーや大口投資家、マーケットメーカー等の参与による流動性の向上が見込める。

詐欺が蔓延するICOに対して批判の声が高まる中、Vuulrやそれに続くプロジェクトがうまくいけば、取引所がICOを取り仕切る「IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」の波が来る可能性がある。ただしIEOにも創業チームと一般ユーザー間の公平性の問題や市場操作リスク等の課題があり、一筋縄ではいかないだろう。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy