• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

【続報】海外プロジェクト『ThinkCoin』MVPがアプリストアで配信開始!海外ICOの進捗状況をご紹介!

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
thinkcoin

4月7日にご紹介した、注目の海外ICO「ThinkCoin」。グローバルに金融サービスを提供しているThinkMarkets社の意欲的なプロジェクトの進捗状況を紹介する。

 

MVPがアプリストアで配信開始

ThinkCoin

ICOプロジェクトの信用度を測るひとつの指標として、MVPがリリースされているかという点がある。
MVPとは、Minimum Viable Product(最低限の実用化製品)の略で、ICO終了後に完成されるプロダクトの必要最小限の機能を実証するためのプロトタイプのこと。ThinkCoinが使用される『TradeConnect』ネットワークへの入り口となるアプリケーションを早期参加者に体験してもらい、そのフィードバックをプロダクト開発に生かす狙いがある。
App Store及びGoogle Playにてダウンロード可能なので、少しでも興味のある投資家は試してみることをお勧めする。スキャムが散見されるICO業界では、MVPをPre-ICO段階で披露する企業は多くなく、MVPのリリースはThinkCoinの本気度が感じられる。

『0CHAIN(ゼロチェーン)』社との提携発表

0Chain社はシリコンバレーに本社があり、3900万ドルを調達したdAppを専門にするリーディングカンパニーだ。同社が提供するプロトコルは、dCloudサービス、2D-BPoSコンセンサス、スケーラビリティを可能にするインフレーションプロトコル、セルフフォーキング等の機能を備えており、様々なブロックチェーンベースのプロジェクトを支えている。
今回の提携によって、0Chainのプライベート及びパブリックブロックチェーンプロセシングを活用し、『TradeConnect』上の大量のトランザクションを高速化できる。共同創業者のFaizan Anees氏は以下のように語っている。
「0Chainとの提携は、ThinkCoinがブロックチェーンコミュニティからの信頼を得ている証拠です。0Chainのプロトコルの力を借りて、TradeConnectをより強固で信頼できる取引ネットワークにしていきます」。
0chainとの提携を通じて、金融取引業界のゲームチェンジャーとして、ThinkCoinへの期待はますます高まっていると言えるだろう。

ThinkCoin

『TradeConnect』が描くビジョン

最後に、同社のICOのもっとも魅力的な側面を紹介する。それは、グローバル金融市場で長年活躍してきたメンバーたちだからこそ痛感している、変革への強いビジョンだ。グローバル金融市場は、銀行など一部の巨大組織に独占されてきたことは周知の事実だが、そのような体制は透明性に欠けるだけではなく、多岐にわたる副作用をもたらしてきた。
例えば、トレーダーは高額な手数料に悩まされ、マーケットの価格はほんの一握りの企業の強大な影響力に揺り動かされ、公平性に欠けるルールが新規参入を困難にしてきた。『TradeConnect』が目指すものは、トークンベースのデジタルマーケットプレイスを構築することで、コモディティ、株式、FX、暗号通過など、すべての金融商品を24時間いつでも、世界のどこからでも、アクセスできるようにし、巨大銀行やブローカーの独占を終わらせることだ。(数日ではなく)数秒単位での取引実行、大幅に減少する取引手数料、予算規模に関わらず投資への門戸を広げるマイクロシェアの取引等の新たな取引形態など、トレーダーが享受するベネフィットは枚挙に暇が無い。

ブロックチェーンという武器を使って、彼らが金融市場をどう変革していくのか、引き続き注視していきたい。

ThinkCoinの公式ウェブサイト:https://www.thinkcoin.io/jp/

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy