• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

20

音声感情解析AIのEmpath、総額3億2,000万円の資金調達

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

音声感情解析AIを開発する株式会社Empath (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:下地貴明)は、株式会社SXキャピタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤秀樹)が運用するSXC投資事業有限責任組合、およびSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉)が運営するSBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合等を引受先とする第三者割当増資を実施し、2018年7月31日に総額3億2,000万円の資金調達を完了した事を発表した。

Empathは人の声から感情を解析する人工知能を開発しており、スピード、ピッチ、トーンなど音声の物理的な特徴から解析を行っているため、言語に依存せず感情解析が可能なことから現在世界50ヶ国、約1,000社に利用されている。米国ではAmazon EchoやGoogle Homeの発売以降、音声領域においてAI技術の発展が期待されておりAIに組み込む「感情解析」という分野が注目を集めている。Empathは、これまで困難とされてきたAIが人間の感情を理解することの解決策として音声感情解析の技術を世界各国へ提供している。

株式会社SXキャピタル社からのコメントは以下
「スマートスピーカーの急速な普及を見るまでもなく、「音声」は次世代デバイスに対する重要なインターフェイスであり、Affective Computingは、コネクテッドカーはじめ、あらゆる分野で活用が進んでいきます。そうした事業環境を背景に、Empathは大きな成長ポテンシャルを有しています。弊社は、このポテンシャルを更に拡大させるべく、あらゆるサポートを行っていきます。」

SBIインベストメント株式会社社からのコメントは以下
「AI/スマートスピーカーや自動車向けの音声エージョントなど、今後音声をインターフェースとしたソリューションの普及が期待されています。そういったなか、Empathは、人が話す速さやピッチ、トーンなどをAIで解析してリアルタイムで「喜び」「平常」「怒り」「悲しみ」の4つの感情と元気度を判断する非常に優れた音声感情解析技術を提供しております。我々はEmpathの チームとともに同社の音声感情解析技術を世界中の潜在顧客にアピールし、彼らのビジョンの実現に向けて協力してまいります。」

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy