• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

34

コンサル中心にAI関連技術を活用した新規事業創出のコネクトームデザイン、7000万円の資金調達を実施

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

コンサルティングを中心にAI関連技術を活用した新規事業創出を行うconnectome.design株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 聡)は、株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)とSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉)が共同で設立したプライベートファンド「INTAGE Open Innovation 投資事業有限責任組合」および東京大学 松尾 豊研究室の関係者が中心となり運営するVCファンド「Deep30投資事業有限責任組合」を引受先とするシードラウンドでの7,000万円の資金調達を完了したことを発表した。

2018年6月に創業したCODは、ディープラーニングをはじめとした人工知能関連技術を用いて様々な社会課題を解決し、社会全体のWell-beingの向上を目指すベンチャー企業で主力事業は、AI関連技術を活用した新規事業創出であり、ハンズオン形のコンサルティングサービスの他、『知の爆縮』を起こしAI関連プロジェクトを強力に推進する仕組みである「connectome.guild」およびAIの社会実装を可能とするナレッジを誰もが自由に取引することができる知のマーケットプレイス「connectome.platform」の研究開発および実証を進めている。

今回調達した資金は、新サービス「connectome.guild」の構築および「connectome.platform」の開発資金として、また、事業拡大を加速すべく、コンサルタント、エンジニアを中心とした人材の採用強化に充当する予定である。

今後CODは、AI関連技術を活用した新規事業創出に取り組み、テクノロジーの社会実装を進め社会全体のWell-beingの向上に貢献していく。