• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

2

位置情報分析プラットフォーム提供のレイ・フロンティア、三井物産から3億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

人工知能による位置情報分析プラットフォーム「Silentlog Analytics/SDK」を提供するレイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表者:田村 建士)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 安永 竜夫)を割当先とする3億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

レイ・フロンティアは、AIを活用した行動情報の分析・調査を行うソリューション『SilentLog Analytics/SDK』、モビリティ分野に特化した『モビリティ・フロンティア』、及び、位置情報を活用した統合サービスを提供している。

今回の資本提携を通じ、国内外企業へのSDK提供と行動データの収集・分析サービスを強化すると共に、同データを活用したモビリティ分野を中心とする新たなサービスの開発や、そのための開発人員を強化し、事業展開を加速していく。