• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

Webサイト開発特化型AI開発のTsunagu.AI、NOWやディップなどから資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

Webサイト開発特化型AI「FRONT-END.AI」を開発している株式会社Tsunagu.AI(本社:東京都千代田区、代表取締役兼CEO:森 隆晃)は、NOW株式会社、ディップ株式会社などを引受先とした第三者割当増資により、総額数千万円のシードラウンド資金調達を実施したことを発表した。

Tsunagu.AIは「ヒトとデータを繫ぐ」をコンセプトに、AIを使ったイノベーションで人々を単純作業から開放し世界を前進させるというミッションのもと2017年4月に創業のAIスタートアップ企業である。

FRONT-END.AIは、フロントエンド開発における初期工程をAIによって自動化するWebサイト開発特化型AIサービスで、複数のDeepLearningのモデルを独自に結合し、フロントエンド開発に特化した学習を行ったAIである。

今回の資金調達を機に、初の自社プロダクトであるWebサイト開発特化型AI「FRONT-END.AI」の開発体制を強化し、同時にWeb制作会社向けに開発しているクローズドβ版の先行利用申込受付を2月26日に開始した。株式会社メンバーズなどが先行導入先企業に決定している。

今後は、クローズドβ版を先行利用申込み頂いた企業に対し順番にサービス提供しながら、より多くのデータで精度向上に努め、フロントエンド開発のワークフローを改善することによって、開発者がよりクリエイティビティを発揮できるよう支援していく。