• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

米日韓で企業向けAIソリューション提供の米Allganize、KDDI Open Innovation Fund3号などから資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

米日韓において高度な自然言語理解、ディープラーニング技術をベースに企業向けAIソリューションを提供するAllganize, Inc.(本社:米国カリフォルニア州オークランド、CEO:Changsu Lee/日本代表:佐藤康雄)は、KDDI株式会社とグローバル・ブレイン株式会社が共同で設立した「KDDI Open Innovation Fund 3号」、SparkLabs Ventures(SparkLabs Ventures Ignition Fund)を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約3.8億円の資金調達を完了したことを発表した。

Allganizeは、高レベルの自然言語理解とディープラーニング技術をベースに、米国、日本、韓国において、企業向けのAIソリューションの提供を行なっている。

2017年7月に、グローバルで事業経験豊富なメンバーによって創業されたAllganize社は、KDDI株式会社などをはじめとして、国内外の投資家に支えられ、オークランド、ソウル、東京に拠点を構えサービス展開をしている。

今回調達した資金は、競争力の源泉となるAI人材の確保、またAllganizeが創業時より事業を展開する米国、日本、韓国において更なるビジネス展開の強化を実現するために使用していく。