• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

エッジAIのエイシング、3億円の資金調達を実施

  • feedy

エッジAIにおいて、導入機器側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)※1」を提供する株式会社エイシング(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:出澤純一)は、三井住友海上キャピタル株式会社が運営する「MSIVC2018V投資事業有限責任組合」を引受先とする第三者割当増資により、総額約3億円の資金調達を実施した。同社はこれまで、2017年に約2億円を調達しており、今回の調達により累計調達金額は約5億円になる。

これにより、今後「DBT」をはじめとする当社独自のエッジAI技術の開発を進め、エッジAIによって第四次産業革命をいっそう推進していくと言う。

■資金調達の目的・背景

近年、これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ※2側で実行する「エッジAI」への注目、そして実装への具体的なニーズが急速な高まりを見せている。また、自動運転や第四次産業革命といった、より注目を集めている分野で特にその需要が高まっている。同社は、エッジAI業界において、導入機器単体がクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習・予測することが可能な独自のAIアルゴリズム「DBT」を提供している。

この度調達した資金は、「DBT」をはじめとする同社独自の「AiiR※3」技術の研究開発とともに、顧客のシステムへの実装までを技術的にカバーする体制づくりに活用し、エッジAIの領域においてワンストップのソリューションを提供できる体制を強化することで、より一層、顧客の先進的なニーズに対応していくと言う。

■エイシングの実現する世界

エッジAIは、導入機器側でのリアルタイム予測とより精度の高い予測を必要とする自動運転車や産業機械への導入に特に適しており、モビリティ業界や製造業界への実装化が期待されている。同社では、「ものづくり」における課題を、当社独自のAIアルゴリズム技術をはじめとする研究開発を進めることで解決。製造業の品質と生産性両立を実現することにより、国内外問わず、エッジAIによる第四次産業革命の推進をより一層加速していくと言う。

※1「ディープ・バイナリー・ツリー (DBT)」とは
「DBT」は、高精度、軽量かつオンライン学習が特徴のエイシング独自のAIアルゴリズムです。関連するアルゴリズムとして「DBT-HS(High Speed)」と「DBT-HQ(High Quality)」をリリースしている。 「DBT-HS」はマイクロ秒単位での高速動作が特徴のアルゴリズムとなり、対して「DBT-HQ」は「DBT-HS」に比べ、精度を最大50%まで向上させた高精度型のアルゴリズムである。この2つの独自開発アルゴリズムにより、顧客のニーズに応じて、速度重視か精度重視かを使い分けたソリューションを提供する。

※2:産業用ロボット(FA:Factory Automation)や、スマートフォン、コンピュータが内蔵された自動車など、利用者の近くにある“機器”を指す。
※3:エイシングが独自開発する、導入機器側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム技術。