1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 総合英語学習アプリNo.1のPOLYGLOTS(ポリグロッツ)、シリーズBラウンドで総額1億円の資金調達を実施

総合英語学習アプリNo.1のPOLYGLOTS(ポリグロッツ)、シリーズBラウンドで総額1億円の資金調達を実施

  • feedy

​株式会社ポリグロッツ(東京都新宿区、代表取締役:山口隼也)は、新規投資家として株式会社セルムのコーポレート・ベンチャーキャピタルファンドであるHRテック投資事業有限責任組合(東京都渋谷区、代表取締役:古我知史)、ディップ株式会社(東京都港区、代表取締役 兼 CEO:冨田英揮)、PE&HR株式会社(東京都千代田区麹町、代表取締役:山本亮二郎)が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合などを引受先とする第三者割当増資を実施し、シリーズBラウンドとなる総額1億円の資金調達を完了した。今回の第三者割当増資により、資本金は 2億4,000万円(資本準備金を含む)となると言う。

ポリグロッツは、日本と世界の架け橋となり「外国語学習が不要な世界を作る」事を企業ビジョンとし、2014年の創業以来「“好き”を“学び”に」「続く語学学習」をスローガンに掲げ「ニュース記事」や「洋楽」などの、学習者が自分の好きなコンテンツを使って英語学習できるサービスを提供し、英語学習アプリのデファクトスタンダードとしての地位を確立してきた。現在、130万人のユーザを抱え、2年連続で「ユーザ満足度No.1」「成果No.1」「継続No.1」 を受賞し、英語学習アプリの領域の中でも際立った存在感を示している。

今回の資金調達により、日本人が苦手としているビジネスライティング機能の追加、家族やグループで語学学習が可能なプランの構築、学習者目線に立ったUI/UXの改善、更に総合英語学習アプリとしての認知を加速。また、今後成長の見込めるアジア圏への進出の費用にも充当し、アジアNo.1の語学学習アプリを目指す。 同社ではこうした好循環な状況を構築し、今後 1年間でアプリ語学学習事業における収益基盤を確立し、IPOを視野に入れた人材獲得、組織強化も実施する予定。

これからもポリグロッツは、「 “好き” を “学び” に 」をスローガンに、アプリにさらなる改良を加え、様々な形の「英語学習のしくみ」をテクノロジーを駆使して提供し続けることで、英語学習者をサポートしていくと言う。