• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

17

特許取得済、不動産テックのZWEISPACE不動産取引をブロックチェーン登記サービス開始

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

不動産関連アプリケーション並びにWEBサービスを提供する株式会社ZWEISPACE JAPAN(本社:東京都千代田区)は、金融業界を中心に、最先端技術の一つとして期待されている、ブロックチェーンを不動産業界へ活用した先進事例として、不動産売買管理システムの提供を今週より開始した事を発表した。(特許取得済)

ZWEISPACEJ APANでは、これまで不動産テックの様々な独自アプリケーションの開発を進めてきており、ブロックチェーンの活用についても早くから詳細に実験・検討しており、今後も不動産取引・賃貸管理に関するさまざまなアプリケーションを順次リリースしていく。

サービスの受付は、ZWEISPACEの日本における各不動産会社パートナーで開始していく。同社は既に、パートナーの不動産会社様と連携して、ブロックチェーンに不動産取引情報等の登記を行っている。不動産登記の公正性については、司法書士法人等と確認しており、株式会社PRESI(東京都港区)他の、各不動産会社パートナーと連携して、サービスの認知に努めていく事となる。

不動産仲介市場を革新的に効率化するツール、お不動くん(商標登録済み)、第一弾はブロックチェーンの登記サービスを発表する。これまで日本では、法務局など国家機関で登記される場合、一週間程度のタイムラグがあり、深夜や休日、祝祭日での受付ができないという課題があったが、ブロックチェーンを利用することで、ほぼ即時に登記され24時間365日の受付が可能になり、また、直近の登記申請状況の確認が可能となるなど、利便性が高まる。昨今の土地の売買に伴う登記状況の確認のハードルを下げることや、二重売買の防止効果、また、全国で問題になっている空き家問題についても、不動産登記に一定程度の費用がかかることがネックとなっている場合も少なくないことが報告されており、同社はそうした問題の解消にもつながると考えている。

また、最近一般にも知られることになった、大手企業も被害にあったとされる地面師などによる不正取引などについても、公正証書の偽造など、は通常の記録だけでは解決できない問題があるが、同社取得済み特許にはIoT情報をブロックチェーンに書き込む仕組みも備えており、こうした不動産取引に内在する未解決の問題についても、同社の独自の特許取得済みの高度先端技術により、包括的な解決策を提供可能となる。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy