• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

7

LINE・LINE Pay、ネットスターズと資本業務提携

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)、子会社でコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上でモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を運営するLINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高永受)は、マルチペイメント決済ゲートウェイシステムを開発する株式会社ネットスターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:李剛)との間で資本業務提携契約を締結した事を発表した。

ネットスターズは、1台の端末で各社のスマートフォンでのQR/バーコード決済を利用できる「StarPay端末」の開発・販売を行っており、国内10,000店舗以上に設置されている。

同社とは、2017年10月1日にLINE Payとの間で加盟店開拓・管理業務に関する提携を締結し、「StarPay端末」での「LINE Pay」決済が可能となっている。昨年の提携以来、ロフトやアクアシティお台場など、すでに多数の「LINE Pay」コード支払いの導入実績ができたことから、「LINE Pay」加盟店開拓における協業体制の強化と、今後のより包括的な取り組みを目的に、今回、LINE、LINE Payと資本業務提携契約を締結する事となった。

同提携による主な取り組みは、キャッシュレス・ウォレットレスで決済可能なコード支払い対応加盟店拡大のためのさらなる協力に加え、企業・店舗側でのサービス認知や店頭ブランディングの一環として、マルチ端末「StarPay端末」を「LINE Pay」のブランドに合わせてカスタマイズし、店頭展開していくものとなる。今後「StarPay端末」導入の際は、「LINE Pay」のロゴとブランドカラーにカスタマイズされた端末が設置される予定となっている。

株式会社ネットスターズ 代表取締役CEO 李 剛氏のコメントは以下

ネットスターズは設立当初よりテンセントなどの中国先進IT企業のパートナーとして、日本国内でフィンテックサービスの開発提供を行ってきました。この度のLINE Pay株式会社との資本業務提携により、当社がこれまで培ってきたスマホ決済サービスの技術を「LINE Pay」加盟店に対して提供することができるようになり、大変嬉しく思います。今回のLINE Pay株式会社との事業協力により、月間アクティブユーザー7,300万の「LINE」ユーザーがより楽しく便利に「LINE Pay」決済を利用できる環境を作り、日本におけるフィンテックサービスの普及とキャッシュレス社会の実現に貢献して参ります。

LINE Pay株式会社 代表取締役CEO 高 永受氏のコメントは以下

LINE Payでは、お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけるべく事業を展開しております。キャッシュレス・ウォレットレス社会の実現にむけて、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指しています。このたび先進的なフィンテック決済端末を開発・展開し、グローバルでモバイルペイメントにおける多数の実績があるネットスターズ社と協業体制を強化することにより、2018年中にLINE Payのコード支払いに対応する加盟店を100万件にする目標に向けた着実な一歩だと考えております。両社のより強固な協力体制により、どこでも使える環境を実現してまいります。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy