• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

5

STANDAGEがPlug and Play Japan、Batch2 Fintech部門に採択

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ブロックチェーンに関わるサービス業務を行っている株式会社STANDAGE(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立彰紀)は、2018年11月27日に、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していくグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターであるPlug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ)が実施するアクセラレーションプログラムのBatch2 Fintechプログラムに採択されたことを発表した。

Plug and Play Japanが提供するアクセラレーションプログラムは、Plug and Play Japan公式パートナー企業とともに「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3か月のプログラム(Batch)である。

採択されたスタートアップ企業はプログラムを通じて、複数の公式パートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られる。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Playのメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能である。

STANDAGEは、『Shake Hands Contract』(以下SHC)というブロックチェーン技術を用いた企業間をメインとした貿易プラットフォームサービスを提供している。
SHCは、銀行や現金を介さずにブロックチェーンとスマートコントラクトを利用することで、与信や国際送金を可能にし、これにより銀行と取引が難しかった中小企業や中古品企業に新たな貿易の機会をもたらすことができる。
すでに技術は完成しており、サービスローンチに向けて最終段階に入っている。

STANDAGEは、SHCサービスをいち早く世に送り出せるようにプロジェクトを進めていく

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy