• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

ITインバウンド

ホットリンク、中国のSNS上のクチコミ分析から訪日中国人に“次に人気になりそうな”体験やスポットを予測発表

  • feedy

ホットリンクグループ【3680】である、トレンドExpressは、中国のSNS上のクチコミを収集、分析し、これから訪日中国人の間で人気を集めそうな体験やスポットに関する消費予測を発表する。

■背 景

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2016年上半期の訪日中国人数は307万6600人(昨年比41.2%)にのぼり、引き続き、中国国内では日本旅行が高い人気を誇っている。一方、訪日中国人の消費動向は変化がみられ、今年はモノ消費だけでなく“コト消費(体験)”の需要の高まりや、旅行先や購入される日本商品に“多様化・分散化”が見てとれる。例えば、中国のSNS上に「日本で〇〇を買った」と投稿された商品数は、「図解中国トレンドExpress」を刊行した昨年の5月比べ5.3倍の517商品(2016年6月時点)まで増加し、特定の商品に爆買いが集中していた状況から分散化が進んでいる。また、リピーター客の増加により訪日旅行の主目的が“買い物”だけでなくなってきたことで、日本でしたいと思う体験も多様化している。そこで、インバウンド消費需要予測として、今後注目を集める可能性が高い少数派の投稿をランキングにした。