• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

営業向け働き方改革ツール Senses運営のマツリカがサイボウズ ガルーンと連携

  • 0
  • feedy

営業向け働き方改革ツールSensesの開発・運営を行う株式会社マツリカ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:黒佐英司・飯作供史)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:青野慶久)が提供する「サイボウズ ガルーン」と連携した。

営業向け働き方改革ツールSensesは2016年4月にサービスをリリースし、現在は主に中小企業に導入しており、多くのユーザーが評価した点として、GSuiteやOffice365などのグループウェアとの連携機能がある。

一方で、中堅企業や大企業にSensesを利用・導入検討するなか、ガルーンを利用しているユーザーからも連携機能の要望は多く、なおいっそう営業活動を支援するためにガルーンとの連携機能を開発した。
今回の連携により、ガルーンを利用している企業にもSensesの活用が容易となり、提案資料の作成や案件状況の共有、顧客対応の報告など、一連の営業業務を効率化し、1人あたり10~20時間/月の業務時間を削減可能となる。

サービス連携の概要
今回の連携により、Sensesで入力した営業活動はガルーンのスケジュールに同期、反映され、既存のSFA*(営業支援ツール)ではスケジュール管理と営業活動履歴の管理が分離しているものが多く、双方に入力しなくてはならない点が運用上の課題であった。
今回の連携によって、営業現場の負荷は軽減され、管理面ではスムーズに営業活動を把握することが可能となる。