• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

トランスコスモス、「DECAds」と「Criteo」、「KANADE DSP」、「AdRoll」を連携し、ダイナミックディスプレイ広告に対応

  • 3
  • feedy

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、以下、トランスコスモス)は、トランスコスモスが提供する統合プラットフォーム「DECAds(デックアズ)」と、広告配信DSPである、「Criteo」(CRITEO株式会社)、「KANADE DSP」(京セラコミュニケーションシステム株式会社)、「AdRoll」(AdRoll株式会社)を連携し、配信ネットワークを拡大するとともに、ダイナミックディスプレイ広告に対応したことを発表した。

「DECAds」はトランスコスモスが独自に開発した、コミュニケーションで企業と消費者をつなぐ統合プラットフォームである。「DECAds」にはチャット広告配信機能が備わっており、ユーザーをスマホ広告からチャットへ誘導することで、よりインタラクティブで適切なコミュニケーションや情報提供を可能にし、消費者の課題解決や興味関心の向上をはかる。

「Criteo」、「KANADE DSP」、「AdRoll」は、リターゲティング型のダイナミックディスプレイ広告配信サービスであり、一度Webサイトに来訪したユーザーへ、興味関心度の高い商品を複数レコメンドすることができる。「DECAds」との連携により、パーソナライズ化された商品のレコメンドだけでなく、チャットを活用することで比較検討層の商品選定における課題解決のサポートを実現する。商品の購買意欲向上と意思決定を促進し、コンバージョン率を向上させる。

また、今回新たに専用の広告フォーマットを2種類用意している。一つは、広告内にチャットへの誘導枠を常に表示させる「チャット常設タイプ」。もう一方は、ダイナミックバナーの特徴を活かし、商品表示が切り替わるフィードエリアに商品と同列にチャット誘導枠を表示する「フィード組み込みタイプ」となる。

(※広告メニューにより利用可能なフォーマットが限定される。)