• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

3

スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」のフォトシンス、10億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

後付け型スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」を提供する株式会社フォトシンス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:河瀬航大)は、グロービス・キャピタル・パートナーズ、大和企業投資、および既存株主であるYJキャピタル、また個人投資家を引受先とする第三者割当増資と、新生銀行、日本政策金融公庫、オリックスからの融資等により総額10億円の資金調達を行った事を発表した。今回の資金調達で、累計調達額は15億円となる。

今回、調達した資金を元に人材確保と販売促進を行っていく。
なお、この調達に合わせグロービス・キャピタル・パートナーズの湯浅エムレ秀和氏が当社の社外取締役に就任した。

「Akerun入退室管理システム」について
Akerun Proをドアのサムターン(鍵のつまみ)に貼り付けるだけで、権限を持つユーザーはスマートフォンアプリや、登録したNFC対応ICカードを使って鍵の施錠・解錠をすることがかのうとなる。Web管理画面「Akerun Manager」から鍵権限の付与・剥奪を行うことができ、クラウド上での権限管理・履歴管理を実現する。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy